HOME      戻る

ロトでから騒ぎ

はじめに

当サイトは、より多くのロト6ファン、特に女性の皆さんに楽しんでもらえるように、ロト6に関する情報を中心に、複雑な計算式や難しい理屈は抜きにして、「単純で見やすく」を心がけ、ロトファンの皆さんに様々な情報を掲載しております。
ロト6とは、簡単に説明すると1から43までの数字の中で、6つの当選数字を当てる、数字選択式の宝くじです。
単純なものですが、そこには、購入した人の数だけ一喜一憂ドラマがあり、奥深さを感じます。
あなたも人生一発大逆転、なんてことを実現させませんか。


  <注意事項>
     ・当選番号は、必ずみずほ銀行のホームページで御確認して下さい。
     ・購入に関しては、自己の責任でお願いします。
     ・いかなる損害に対しても、一切責任は負いません。

きっかけ

ほんとうに当たるの?

以前から買い物帰りや、気分のいい時になんとなくロト6、ミニロト、スクラッチくじを、気まぐれに買っていました。もし当たったら、リッチに旅行やブランド品 薄型TV 美味い物ざんまい 高級エステ…
自分で言うのもなんですが、けっこうくじ運がある方だと思っていました。( '_ ' )/~ ~
でも、たまに千円などが当たる程度、高額賞金なんか本当に当たるの? 1等や2等なんて夢物語で、まあ〜チョットした気分転換ぐらいにしか思っていませんでした。
しかし、03年に私の友達(ノートにビッチリ データが…)がロト6をまったく知らない友人に、おもしろいよ!と勧めたのです。 何も知らないその人は、言うがままに15口分の数字の中から適当に5口1000円分を買いました。 ところが、そのうちの1つが1等当たったのです。(くっそ〜)
友達は3等、さらにその人からお礼にと500万円頂いたそうです。(くっそ〜)×2 やっぱ当たるんだ!!ガゼンやる気になりました。

思いつきで買っても…

その頃前後して『所ジョージさんが  あなたの家の番号で第一回からずっ〜とナンバーズ3を買っていたら1等が2回も当たっているんですよ…』ナンバーズのCMで 『ハッ』と気がついなのです。 ロト6でも同様のことがあるのかな? ふと疑問がわいて来たのでインターネットで過去の抽選結果をプリントアウトして調べてみました。(相当ヒマ!!)
なんと、ないじゃないですか!当たり前の事です、約660万通りもあるのですから、それじゃ過去に1等当たったものが『再び2等当たる』ではどうか?これはもう前回の比ではありません、1等を調べるだけでも大変なのにそれの6倍の時間かかるのです。

その日の夜「ロト6で過去に1等が当たったものが、再び1等とか2等に当たったことって  あるの…」と主人に聞いてみると「さぁ〜 そんなの 聞いた事がないなぁ〜」  「それじゃ、もし過去に1等や2等に当たったものを私が買ってたら200円無駄したね。」と言うと、「そう言う事やな〜あ(関西出身のバリバイ関西人)。
そして、その日に抽選結果のプリントアウトと鉛筆を片手に、調べたことを話すると、「あほちゃうか」そんなんエクセルを使えば簡単に出来るデ。(え゜〜)

彼( この男なかなか出来る奴 )が言うには、各数字を1行毎に6つ、第1回から現在まで1行ずつ入力して、調べたい数字を1行ごとに各列、引き算して全ての答えが『0』であれば、『1等』 5つの答えが『0』であったら3等が当たり、4つの答えが『0』であったら4等が当たりと、いとも簡単に言うのです。(ナルホド!!)

それ以降しばらくは、エクセルを利用して過去に高額当選番号をはずようにして、購入するようになりました。

めんどうだなぁ〜

最初のうちは便利だと思っていたのですが慣れて来たせいか、めんどうだなぁ〜もっと簡単に出来ないか!とか、もっと色々なデータ出来ないかなど、あれやこれや主人に注文し欲が出てきました。
押し問答の末、結論を言うえば、主人がプログラムをつくることに決定!!(かなり強引)プログラムは下請けにお願いしました。(ラッキー)

パソコンは出来てもプログラムの経験はナシ(@o@)、かくしてプログラムとの格闘が始まりました2004年の4月です。
ココからは、製作者にバトンタッチしてもらいます。

プログラム製作者の下請けです。

「あ〜ぁ えらいもん引き受けてもたわ〜、まいった なあ〜」てなわけで、どんなプログラムが適切か… 何から手をつけたら… どんな本が参考になるのか…
まずはインターネットで調べて出来そうなプログラムをピックアップ。javaアップレットで決定、理由はそれしか出来そうに無いから。

書店に行って物色開始、『Javaの絵本』(株)アンク著で初歩から勉強、この本はjavaの概念を学ぶ(javaとjavaアップレットとは基本的な部分は同じですがプログラムそのものは別のものです)ことを主眼に書かれています。
次にちょっとステップアップして『超図解Java入門』(株)エクスメディア この本は、ミカンやリンゴを使って単価、個数、合計金額などを身近な例題で解説しています。 このミカンやリンゴ、単価、個数の代わりにロトの当選番号入れたりして…(だんだん目的に近付いて来たぞ…)でもこれをマスターしてプログラミングしても、検索や結果をプリントアウトしたり、画面を見ながら何かをすると言うのは、むいていませ。

実際に使い勝手がよいプログラムにするにはjavaアップレットでプログラミングするのがベターだと思います。そこで登場するのが、この本『初体験Java』丸の内とら著 技術評論社、javaアップレットはネットのHPなどでよく使われているので私たちがよく目にする画面構成で、入力出来るのでグットです違和感無く、使い勝手も良いものが出来ます。

javaとは?

ここで、ロト6の当選番号検索、各番号の当選間隔、連チャン、引っ張りのグラフなどに使われているjavaアップレットについて少しお話しします。

コンピュータで動くプログラム(ソフト)を作成したり、記述したりするためにの言葉をプログラミング言語といい、C言語やC++言語、perl、java、COBOL、FORTRAN、Visual Basic など数え切れない種類のプログラミング言語があります。
これらの言語はそれぞれ少しずつ書き方も文法も違っています。
java言語は、1995年アメリカの「サン・マイクロシステムズ社」が電話や冷蔵庫など家電のマイクロコンピュータの制御プログラムとして開発されましたが、インターネット上で利用が出来るので、注目されよく使われるようになって来ました。

サン・マイクロシステムズ社ではこのソフトを無料で配布されているので、ホームページから使用許諾契約で契約に同意したら無料でダウンロードする事ができます。Outlook Express(メールのソフト)などWindowsのソフトなどと同様に使用できます。
ただし全て英語で日本語は用意されていませんのでダウンロードは、かなりの英語力が必要です、そこでjavaのCDソフト付き参考書(初体験Javaなど)を購入をおすすめします。

また、はじめて当サイトを訪問して、サン・マイクロシステムズ社の使用許諾契約の表示が画面上出てくる場合は、契約に同意するを、クリックして頂くと、ロト6の当選番号検索や連チャン引っ張りのグラフなどデータを見ることが出来ます、もちろん全て無料ですので御安心下さい。


200円損しないぞ

さて、当サイトのロト6「データ集」の中には 枠別当選番号のグラフ 連チャン引っ張りのグラフ や 過去の当選番号 枠別当選番号表連チャンの一覧表 引っ張りの一覧表 各番号の出現の間隔 などのグラフや一覧表を使っています。
この様な画像や動画(アニメーション)の作成に参考したのは Web工房シリーズ『Javaの達人』田中成典/小林浩二 編集 森北出版梶Aです。
この他にも、インターネットで「java」で検索して、使えそうな物を参考にさせてもらいました。

この様にして最初に、過去の当選番号の検索のプログラムが出来ました。これ以降200円損しないぞ。

自信のある人、そうでない人、ロト6やミニロトの予想やデータ管理を独自でやりたい方、その他競馬などのデータ分析したい方!!
                                    チャレンジしてみては、いかがですか…




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO